ラバーソール
呼吸する靴

Geox革命の第一歩として、Geoxは靴に穴をあけるという認識に挑戦しました。
穴のあいた靴といえば捨てられてしまうというイメージですが、穴は技術的な強みになりました。

ミクロ孔のあいたアウトソール
ラバーソールにはミクロ孔があいており、通気性と防水性にすぐれた特別なメンブレンと共に、足の通気性を保ちながらも、外部からの水の浸入を防ぎます。これにより、自然の温度調節機能が靴の中で最適な環境をつくりあげます。
メンブレン
Geox革命は、大規模なリサーチによって開発されたメンブレンによって可能になりました。このメンブレンは、汗を蒸気として排出し、外から水を通さないミクロ孔のある特別な素材でつくられています。
メンブレンのミクロ孔は水の分子よりも大きく、水滴より小さいため、水を浸入させずに足をドライに保ちます。